Column

カテゴリー : 2008年コラム


08.12.02

 へんてこな日本語が氾濫するこのご時世、電車や車に乗っていて相も変わらずいやになります。こりもせず、またまたやります。第三弾。 其の一、「知らない街に泊まるのは、おじさんだって不安になる」、どうでしょうか。まさにタイムリ[…]

続きを読む »

08.08.12

 7月の終わりの頃、東京デザイナー学院の学生を私の事務所に呼んで課題のプレゼンテーションを行った。はっきり言ってしまえば、課題が授業内では完成しなかったために、採点を1週先延ばしにしてあげただけのことだが。狭い事務所に大[…]

続きを読む »

08.06.10

 神奈川県立近代美術館での絵画展は葉山館と鎌倉館の両方で行われていて、前回の葉山館に続いて鎌倉館にも行ってきました。久しぶりの鎌倉館だったので、蓮池に面したピロティ空間に列柱の影と蓮池の光が反射するのを見たかったのですが[…]

続きを読む »

08.05.02

 久しぶりに美術館に行ってきた。神奈川県立近代美術館のウェブにふらっと立ち寄ったら、とても懐かしい絵画が表示されていて、あっと思った。これは絶対に行かなければ。その絵は古賀春江さんが1930年に描いたもので「窓外の化粧」[…]

続きを読む »

08.03.14

 心象風景って言葉はよく聞くが、具体的にはどんなだろうか。建築をデザインするという職業に携わって以来、なんとなく、幼い頃にみた夢や風景を思い出すことがある。「行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず」方丈記の冒頭に[…]

続きを読む »

08.02.20

 電車の吊り広告を見ていて?なことは多い。以前数回そんなことを書いた様な気がするが、でもうっかりするとそんなことすら日常の中に埋没してしまって、気が付かなくなるから怖い。広告のコピーについて、ぼーっと周囲を見渡しているだ[…]

続きを読む »

08.01.12

 年末、信じることについて書いたので、まるで宗教じみた話になってしまいましたが、誤解を恐れずに書くとすれば我々は必ず心の中に自分の宗教をもっていると思う。宗派など無く、自分の生きる道を確かめるために、次の一歩を見極めるた[…]

続きを読む »

▲ページトップへ戻る