What's new

Anounce

Report

絶景の斜面地に小さな家が竣工しました。

20/12/21

松戸の家 竣工レポート

今年も慌ただしく過ぎてあっという間の年の瀬です。随分と更新が滞りましたので、17日に続いてあと一件レポート致します。1年ほど前になりますが、松戸の丘陵地、狭小宅地の急な傾斜地に、拘りの家が竣工しましたのでレポート致します。

ご主人と一緒に1年ほどかけて土地探しをして見つけた大変に難易度の高い土地です。ここに辿り着くまでに幾つもの候補地がありましたが、共通していることは眺望があること。そして安いこと、でした。眺望があるということは状況によっては傾斜地ですので、安く手に入る可能性も多いです。しかし条件があまりにキツくなると今度は建設費用に跳ね返ってくるので、バランスの取れた土地に出会うまでに1年かかったということですね。この土地を購入いただくためには、傾斜を測量して地盤調査して、さらに法的基準を満たしながら予算内にどういった建築が可能か、私が短時間で練り上げた構想を基にして検討し、それでクライアントに土地の購入をお願いしました。敷地までの道で一部あまりにも細い部分が影響して、地下工事のための杭打ち機が入らないというハプニングが概算積算時に発覚し、その時は慌てました。が、一晩で新たな解決策を見いだしてクリヤー。建坪は小さいですが、地下付きの3階建てで、スカイツリーを眺望する連想窓と気持ちのよいキッチン、造り付けたベンチスペースとダイニングテーブル、そして全面開放可能な格子戸で出来た玄関からまっすぐ抜けた視線の先に、同じく全面開放可能なガラス戸と中空デッキが特徴です。それら全てacaaの実績を踏まえて施主が憧れていた住空間そのものと言えるところで、施主の夢への拘りが詰まっている空間です。しかしそう容易く実現できたわけでは勿論なく、設計中も様々に予算を検討いただいて、幾つかの重要なオプションを最終的に見事に実現させることが出来たのは、やはり土地探しから常に前向きで目標を達成するために予算について工事中も貯蓄して頂き、ベストを尽くして頂いた施主のお陰かと思います。もちろんこの家をつくるために、様々努力いただいた工務店も重要です。それら、皆のチーム体勢があって、こういった小さくても拘りのある、しかも難易度の高い設計が可能になり、そして実空間として現実のものになることを忘れてはいけません。この様な機会を頂いたことに心から感謝申し上げます。有り難う御座いました!

Column

20/12/18

電車に乗っていてすることと言えば、周囲に点在する宣伝の数々を見ること。特にテレビの無い生活を長年続けている私にとってモニターの設置されている電車はだめですね。動画の宣伝は見たくないと思っていてもつい見てしまいます。動くものに目が行ってしまうというのは、例えば“かえる”が餌を捕獲する行動がそうですが、ひとも動かないものは視覚映像に差異が生まれにくくなり、そのうち認識しなくなります。脱線しますが、触覚、臭覚、聴覚、みな同じで、刺激の差異が無くなると認識出来ません。ほんやり風景を眺める、なんて言いますけど、その風景とはある意味では抽象的にものをみなければ生まれてこない概念ですから、その動かないものを額縁で切り取った行為はすごいことだったんだと、つくづく思います。それが「風景画」の発祥であって、風景の発見といわれます。いわば人物か物しか見ていなかった時代まで遡りますから、風景の発見は衝撃的だったはずです。動かないんだから額縁で切り取ることによって強引に認識出来るように加工したとも言えそうです。

そんなこんなで露出ランキングで常にトップ付近を走っているのは、脱毛、転職、金貸し、季節限定で実学主義を謳う大学、と相場が決まってます。儲かるんでしょうね。儲かるから広告を出すのでそれが原理です。新種では発毛も割と見ますが、脱毛と発毛が並んでいるときは思わず笑ってしまいます。笑うついでに「変えるならきっと今だ」という転職を誘惑する広告。なるほど、変わることは認識出来ることだな、と妙に納得したのですが、変わらないとどういう訳だか不安になったり不満が溜まったりするのでしょう。私はそういった経験が無いので分かりませんけど、多分そうなのでしょう。変わるというのは繰り返すように刺激として認識しやすくなりますので、一時的なドリンク剤のように活気が出る感じはなんとなく分かりますが、その刺激が過ぎたら通常は倦怠感だけが残って元の木阿弥(もくあみ)。それで何か良くなるのかといえば、誰かが儲かるのでOK。すなわちマーケットを構成する一因になったということです。そういった俯瞰した目を持つひとは、きっと転職ではなく別の道を歩むのではと思いますが、どうでしょうね。