What's new

Anounce

Report

Hikaru Farm(ヒカルファーム)竣工レポート

17/11/01

標高850mの長野県高山村に小さなワイナリー、Hikaru Farmが立ち上がりました。そして私がお手伝いさせて頂いた建物は第一期工事としての醸造棟(ワイン製造工場)です。冷涼な気候を利用してピノノワールを主体とする赤ワインを目指しているオーナーの熱い思いを受けて、限りある予算の中でしたが幸運にも良きパートナーとしての施工者にも恵まれ、日本のワイン業界に誇れる建物が出来たと思っています。

日本のワインはまさに今、飛躍的に質と量ともに向上しつつあります。その様な中でこれまでの西欧に基準を置く価値観ではなく、日本の風土で育った食材と食文化にマッチする日本のワインを目指す時にさしかかっています。そしてその考え方は、ワイナリー建築そのものにも当てはめることが出来る考え方です。私はワイナリー建築についても、日本の風土と文化に根ざした素材使いと存在の仕方が必要だと思い、その考え方がオーナーと共有され、設計者として指名されました。

敷地は作付面積が約4ヘクタールに及ぶワイン畑の一画です。緩やかに傾斜する地形を活かして、半地下的な空間をつくりました。外観はとてもコンパクトで平屋の風情ですが、中に入ると数字以上の体積感を感じる空間となっています。構造は予算の関係からシンプルな木造軸組工法を採用し、雨の多い日本では最も馴染み深い切妻型の屋根、さらに庇を出して外壁材の焼き杉を保護しています。内観は耐震要素としての木造壁をリブとして扱い、アーチ状にデザインしたリブを連続させることで、縦延びの空間プロポーションと長手方向の奥行き、さらに陰影を作りだしています。

10月からまさに仕込みの最中ですが、2020年ころまでは主に東京のレストランと海外を中心に提供してゆく方針と聞いています。そして樽塾庫やレストラン等を含む二期工事へと進み、その後地元を中心としてより多くの方々へと素晴らしいワインを提供出来ることと思います。今回の設計を通じて、私もワイン作りをいろいろと勉強させて頂きました。この様な機会を頂いたクライアントに心より感謝致します。

Column

17/11/01

事務所を茅ヶ崎から横浜へと移転してからというもの、毎日電車通勤をしています。そのお陰で毎日様々な電車の吊り広告を見ることになり、いろいろな思いが駆け巡ることが多くなりました。その中でも特に気になったのは、「誰でも簡単に頭が良くなる!」「仕事も人生も変わります!」「40歳を過ぎたら働き方を変えなさい」「無駄を略して結果を出す」などなど、良く言えば啓蒙の文言の連続です。これは本当に疲れます。私はもちろんその本を買っていませんが広告を見ているだけで疲れてきます。

なぜでしょうか。それは今の自分を否定して新しいものへ飛びつくことを強要されていることに対する焦りと、自分自身の否定を突き付けられることによる落胆のなせる技かもしれません。そしてその様な本を読み重ねる間にきっと自己消失してしまい、路頭に迷い事態は悪化するのではないかと思います。本来的には頭は簡単には良くなりませんし(笑)、人生は今の自分の精一杯を生きるしかないのですが、他人に勝手に「変わります!」と断定されると、まるで今の自分は無能の馬鹿で、変えなければならない存在、となってしまいます。さらに「無駄」は省く必要があるかと聞かれれば、私は「今こそ無駄が必要です」と言います。なぜならば、無駄がなくなったお陰で趣も豊かさも、あるいは心のゆとりすら無くなったので、人はぎくしゃくし、疲弊し、そして生きる意味を模索し始めるのです。そもそも生きることに意味なんて無くて、生きることそのものが価値なのですが。人は何時死ぬか分からないことは多くの方が分かっているとは思いますが、無駄の無い合理的人生を求めるとするならば、人生は本当につまらなくて味気ないものでしょう。

住空間に置き換えて考えても同じことが言えます。面積と部屋数、立派な設備は合理的な発想ですが、それが何か豊かさを与えてくれるのでしょうか。この問いに関しては多くの方が本来はノーと言えるはずです。しかしクライアントがなかなかその様に行動出来ないのは、量産を主体とする住宅産業全体の問題、すなわちマスメディアを通じて宣伝される供給側の空間意識、デザインと文化に対するコンセプトの欠如が問題なのだと思います。一方でacaaの様な小規模なアトリエ事務所がどれだけ訴えたところで、消費社会のノイズの中でその声はかき消されてしまいます。