What's new

Anounce

Report

とても小さな家が竣工しました。

19/12/27

とても小さな家が横浜に竣工しました。といいましてもacaaの設計では決して珍しいことではなくて、小さい家が大好きなので、喜んで引き受けて、そして竣工しました。(新建築住宅特集12月号掲載)
小さいことを無条件に評価するのではありません。凝縮された空間の連結で選択肢の豊富な小ささに価値があると思うのです。もちろん、それは延べ床面積としての坪数や部屋数だけが、大量生産されるすみかの評価基準になってしまった、現代の空しい住宅事情に対する反作用といっても過言ではありません。数字に価値はありません。数字は単なる記号で、概念です。なぜそれで一生に一度(かもしれない)多額の買い物をするのでしょうか。私には理解出来ませんが、世の中はそうなっているようですので、設計を生業にしている私はそこには当然行きません。凝縮された小さな家というのは分かりづらいと思うので、興味がありましたらacaaに来て頂ければお話しますが、簡単に言えば、そこにすむ人のための、人の尺度に適合した空間ということです。繰り返すように、坪数や部屋数という数字は記号なので、その記号が発する価値や意味は、時代や文化的背景、あるいは個人的事情によって大きくことなるはずです。ですので、今まさにその数字を評価して大きな買い物をしようとしている方は、将来とても大きな失敗に気がつく可能性があるということです。価値は常に変化し、その先どうなるかは、だれも分かりませんし、正解などないのですから。私たちを取り巻く様々な物事が、巨大な渦に飲み込まれるごとく激変してゆく現代において、変わらないことを見つける必要があるのですが、変わらないものは、私たち身体の尺度です。尺度だけではありません。寒ければ暖かな日向に居たくて、暑ければ涼しい木陰で過ごしたいです。風邪を引いて熱が出て寝込む時は暗くて籠もれる空間に居たくて、最高にハッピーな時は明るくて開放的な空間で騒ぎたいです。そのようなことは普通常識なので、ひとによる差はないと思うのですが如何でしょうか。現代の住宅の価値はそういった常識的なひとの感受性のなかで、自由に空間を選び取ることができるような構造になっていますでしょうか。勿論、そうなっていないので、私は一年中、面談にいらっしゃる多くの方々に何時間もかけてそういった話をしないといけないのです。
横浜に竣工したちいさな家は、いろんな場所があって、そこを自由に散策するようにあるいて場所を選び取ることで、住まうことができるように設計されています。家は長生きするものです。耐久性など必要ありません。でも長生きする家は住まうひとが居る家です。住まうひとが居たいと思える空間は、激変する時代の中で、その激変する時代を引き受けていない側面を持っています。変わらないことをちゃんと見極め、変わらない価値を空間に見いだして、季節が変わっても住人がかわっても、そこに人が居れば、メンテナンスが生まれて、そして家はいつまでもそこにあるでしょう。

Column

19/12/27

今年の冬は例年になく晴天が続かない様子ですが、時に曇りの隙間から透き通るような青い空が顔をのぞかせることがあり、その美しさにただ見入ってしまうことがあります。今朝もそうでした。空を見上げながら通勤していると車にひかれそうになって危ないのですが、気持ちが空に吸い込まれそうになってしまいます。事務所を横浜の石川町という山手地区に移転してから、茅ヶ崎の自邸から通勤が必要になりました。おかげでいろんなことが出来るのでよいのですが、だいたいキース・ジャレットのソロピアノを聴きながら歩いたり電車に乗って考え事をしています。そしてたまに考えることがあるのですが、その音楽のどこに美があるのだろうかといったことです。今朝の空にも確かに美がありました。でもそれは空にあったというより、雲と青空と雨で濡れて光る路面が生み出す風景が総合的に関連しているようにも思えました。私は建築の設計をしていますが、その空間はいつも美しい空間でありたいと思いながら、美しさがどこにあるのかは分かりません。なぜならば、空間を構成する材料や尺度や均整自体には美しさは無いと思うからです。美しさを見いだすのは、実は空間自体ではなく、空間を感じている主体である自分自身であると気がつくからです。つまり、朝露に濡れた路面や、雲の隙間から見え隠れする青い空は、結局のところ自然物による自然現象に過ぎず、それ自体のどこを探しても、美しさなどは存在してはいません。しかし人はそこに美しさを発見してしまう感受性を持っているようなのです。それがひとと、他の動物を分ける重要な差でもあるのでしょう。今朝も歩きながらキース・ジャレットを聴きながら、彼の指がたたき出す旋律に耳を傾け、その音の連続になぜ美を発見してしまうのかと考えていました。無意味な問いと分かってはいますが、音そのものに美など無いことを承知しつつ、そこに美を発見してしまうことに感動している自分がいることにも気がつきました。演歌や歌謡曲のように、ひとを泣かせようと企てられた旋律や歌詞は存在しません。ただの音の連結です。そこに、無意味性を感じます。そうです。意味なんてないのです。美しさに意味も策略も無いので、そこに政治問題も家庭問題も、なにもありません。お金はなくても、美術館に行くお金も時間もなくても、ひとはどこにでも美を発見して感動して泣くものなのです。ひとは誰かに強制されて感動することは出来ません。美術品にも感動があるわけではありません。ひとは美を発見して感動する感受性を持ってはいますが、それが可能になるには、気持ちの隙間、あるいは油断が必要だと、文学者の橋本治さんが書いていました。現代の社会人の多くは様々なストレスを抱えるがあまり、感動する機会を失っているのかもしれません。とても残念で、損をしていると思うことが多いです。私はたぶんぼーっとしていることが多いので、その隙間に美が沢山入ってくるのだと納得しつつ歩いていました。