Column

2005 . 12 . 29

 年の瀬です。例年通りであれば今日から冬休みに突入するはずでしたが、今年はそうも言ってられない状況です。今週は月曜から金曜まで年内最後の打ち合わせを4件と現場出張を1件入れてしまい、まだ休めません。でも明日で終わりですので、大晦日はそれなりに家の掃除・洗濯・洗い物をして、庭の落ち葉を拾って、金魚の水を換えて、あと無理だとは思うけど出来れば一部剥がれた障子などを貼り替えたりして、それから合間を見ながら6才の息子と魚雷戦ゲームで盛り上がって、締めくくりは紅白とゆく年くる年といった具合でしょうか。年賀状は表裏ともに未だ手つかずですので、これは正月の作業となりそうです。
 さて、来年の目標は何と言ってもアトリエの改修です。アトリエの入っているマンションは築40年を超える茅ヶ崎の海岸沿いでは最も古い建物です。サッシュも設備もオリジナルのままで、すきま風がヒューヒュー入ってくるので毎年あまりの寒さに、あしの指がしもやけになる程です。ですので、まずはサッシの改修。出来ればペアーガラスで(笑)。それから、増えすぎた本と模型を整理する為に机と本棚を作り付けで設置する事。(たぶん本棚は予算の都合で無理)もちろんスタディー模型は毎年処分しますが・・・。捨てられない古い模型がだんだん黄ばんで来るのって見てられないのです。みじめな感じがして。でもまだまだ古い模型も多量に残っているので、そろそろ決断時かな?今はまだ、独立した当初に中古屋から買ったスチールデスクと、学生時代から使っている平行定規を裏返した机の二つしかなく、その上に以前はコンピューターを4台並べてスタッフと図面を書いていました。今はマシンも整理してマックは全てノート型にしましたので、だいぶ良くなりましたけど、完全に手狭です。困った。もともとは壁がたくさんあった部屋も、だんだんにカラーボックスの高さが高くなって、いよいよ天井まで行くか~?という状況です。壁に掛けていたB&Oのオーディオ装置もついに行き場を失う危機に直面しています。残す手段は、1,部屋の中にロフトを作る 2,模型を天井から吊る 3,必要な時だけバルコニーまで事務室が広がる可動床を考案する。場合によってはキャンティレバーで外に張り出す!といったところでしょうか。
 今年も大変にお世話になり有り難う御座いました。また来年もどうぞ宜しくお願い致します。よいお年をお迎え下さい。

▲ページトップへ戻る

▲columnTOPへ